【無痛分娩について】

無痛分娩とはお産にともなう痛みや苦痛を和らげる方法のことを言います。

近年、お産への不安や痛みへの怖さからか、無痛分娩(硬膜外麻酔)を選択する産婦さんが増えてきています。

薬物を用いない産痛緩和法(精神サポート等)で十分な効果を得て出産できるのが一番最善ではあります。

しかし、産痛に対する恐怖心や胎児の大きさや向き、骨盤の形など分娩中に強い痛みを訴え薬物による産痛緩和を求める産婦さんがいるのも事実です。

それに対して児に影響なく痛みだけを取り除きたいと工夫改良されてきたのが、現在主流の硬膜外麻酔を用いた無痛分娩法なのです。

しっかり努責(いきみ)がないと出産できないことには変わりはないため、硬膜外無痛分娩を行っているからといって産婦さんはお産で楽をするということにはなりません。

すべての痛みを完全に取り除くのではなく、ピーク時のつらい痛みを取り除くことでお産に対する不安感が軽減され、リラックスしてお産に臨むことができるようになります。

分娩は最初、陣痛が必要ですので、陣痛が強くなって、子宮口が5cm開いたころに、硬膜外にチューブを挿入し痛みを少なくする薬を使います。

当院では、腰から脊髄腔の外側にある狭い区域(硬膜外腔)にカテーテルを挿入して、局所麻酔薬を注入する硬膜外麻酔法を実施しています。この麻酔法は、最も広く使われている安全な方法であり、意識が失われないので、通常の分娩と同じように出産できます。

無痛分娩のメリット
・痛み止めの効果が早く出て確実
・赤ちゃんへの影響を認めない
・帝王切開が必要になった場合でも、同じ麻酔方法で行える
・リラックスできるため、分娩時間が短縮される
・分娩後の回復が早く、体力が温存できる
無痛分娩のデメリット
・分娩中、低血圧になりやすい
・頭痛が起きることがある(約1%)
・陣痛が弱くなった場合は、陣痛促進剤を使うことがある
・吸引分娩になる可能性がある。
・局所麻酔薬の誤注入による危険性(血管内→痙攣、くも膜下→広範な麻酔効果)
・感染、出血(血腫)の危険性
・神経障害(感覚異常)の危険性
・麻酔アレルギー
当院の分娩総数における無痛分娩の割合
2011年 平成23年 1.5%
2012年 平成24年 5.5%
2013年 平成25年 10.5%
2014年 平成26年 8.1%
2015年 平成27年 11.3%
2016年 平成28年 10.3%
2017年 平成29年 8.8%
分娩中の過ごし方
・陣痛が来て入院した時から、飲食禁止となります
・いきみ(努責)が始まるまでリラックスして下さい
・歩行できません。(トイレはベッドの上で)
お産の立会いについて
・ご希望であれば、夫、家族の立会いは自由にできます。
緊急時体制について
当院では入院患者様の病状、急変時に備えた緊急体制を行っており
安心して無痛分娩を行える以下環境を整えております。
・緊急時は速やかに医師が対応し診療を行います。
・夜間において常時、看護職員を配置しています。
・下記病院との連携を行っています。
 富山大学附属病院 厚生連高岡病院 など

私たちは産婦さんと助産師が信頼関係を築き上げ、納得のいくお産ができるのが一番よいと考えています。

だだ、お産に対するイメージ、痛みに対する不安は個人差があります。

よって、どうしても痛みに対する不安をぬぐえない産婦さん、痛みが嫌だからお産は嫌だと思っている女性の方には、ぜひ硬膜外麻酔無痛分娩という方法があるということを知って安心してほしいです。

当クリニックではお産の途中でも状態によって硬膜外麻酔無痛分娩に切り替えることも可能です。

お気軽にご相談ください。

Copyright © おとぎの森レディースクリニック All Rights Reserved.